慢性腰痛の改善方法

【慢性腰痛の原因】

1.トリガーポイント

腰痛の原因は様々です。腰の筋肉が凝っているだけではありません。まずは、脊柱起立筋、腰方形筋、臀筋など腰回りの筋肉にトリガーポイント(筋肉のコリ)ができていることが考えられます。腹筋のトリガーポイントが腰痛を起こすこともあります。

 

2.筋膜の歪み

筋膜は筋肉を包んだり、つながりを作ったりしています。つながりができることで全身がバランスよく運動できます。例えば、手をあげるだけでも首の筋肉や背筋、足首も働きます。ということは、逆から考えると足首の筋膜が歪んでいる場合、つながりがある肩の動きが悪くなって、手があげづらくなります。

 

3.心理的ストレス、自律神経の乱れ

非特異的腰痛では、社会的要因(心理的ストレス)の重要性が認められています。ストレスにより交感神経優位となりリラックスできない身体になります。交感神経が働き続けていると、筋肉のこわばりが起こり血流が悪くなります。血流が悪くなると筋肉などが酸欠状態となり、痛みが起きやすく、治りにくくなります。ストレスでうつ状態になり、さらに悪循環となります。