腰痛について

【腰痛の85%は原因不明!?】

A2F0C143-AE06-4933-A2CD-7A7775A17488.jpeg

腰痛は原因がわかっている特異的腰痛と原因がわからない非特異的腰痛に分類され、腰痛の85%は非特異的腰痛であり、原因がわからないといわれています。

ほんとうに原因がわからないのでしょうか?非特異的腰痛は心理的ストレスによる影響を強く受けます。心理的ストレスが強くかかり続けると、自律神経が乱れて血流障害、筋肉の緊張・酸素欠乏が起こり、痛みが発生しやすくなります。

また、医療機関では一般的に必ずレントゲンやCT、MRIなどの画像検査が行われます。そのほとんどが骨の状態・関節の変形を捉えて神経圧迫の有無や程度を評価します。筋肉などに腰痛の原因がある場合は見落とされる結果となります。

医療機関でいう「異常はない。」とは、緊急性のある骨折や腫瘍、重度な神経圧迫、それにともなう麻痺症状がない。ということを表していると考えてよろしいと思います。この段階では、「異常ありません。」「歳のせいでしょう。」といわれても、患者は腹を立てずにレッドカードではないと安心するべきです。

そして、安心できたのなら積極的なリハビリが受けられるということですから、とっとと腕のある理学療法士のもとに足を運ぶべきです。それより先はセラピストでないと医者では治せません。

 

 

【ぎっくり腰は急に起こる?クセになる?】

  ぎっくり腰については、よく「急に来た!」「クセになった」と言いますが、そんなことはありません。ぎっくり腰は疲労の蓄積です。疲労がある一定量まで溜まると受け入れられなくなって爆発します。シーツ交換など軽作業でもぎっくり腰が発生するのはもともと疲労が限界まで蓄積されていたためです。つまり、肩こり、寝不足、足の疲れが続いているなどの前兆があったはずです。

  また、ぎっくり腰はクセになるというのは、腰に負担がかかる姿勢や動き方がクセになってしまっているということです。姿勢や身体の使い方を修正できればぎっくり腰は予防することが出来ます。私も社会に出た頃、年に4回よくぎっくり腰を起こしていましたが、生活習慣や身体の使い方を見直した結果、それ以来一度もぎっくり腰は起こしていません。ヤバイと感じたらストレッチで回避します。

 

 

【筋肉のつながりを考えると全身をみる必要があります】

筋膜によって筋肉や内臓は包めれており、筋膜や腹膜を通じて全身はつながっています。

首や肩こり、臀部やふくらはぎの硬さが原因になることもあります。

全身状態を把握した上で、腰を詳しくみないといけません。

腰を揉んでも腰痛が良くならないことがあります。

原因部位が外れているか、深くまで届いていないためです。

アナトミートレインフロントライン.pngアナトミートレインバックライン.png腰痛ラテラル.png